親のための10ヶ条

この内容はJFA(Japan Football Association)ニュースに掲載されたもので、ノルウェーのサッカー協会が作成したものを日本語に翻訳したものをベースしてK.WINGSさんがニフティサーブ内のサッカーフォーラムで発言されたものです。バスケットでもまったく当てはまりますので、ぜひ心に留めて頂けると良いと思い、サッカーの部分の言葉をバスケットに置き換えて掲載します。

1.試合や練習を見に行ってあげましょう
  -子供はそれを望んでいます-

2.試合ではすべての子供を応援してあげましょう
  -自分の子供だけではいけません-

3.調子の良いときだけではなく、調子の悪いときも勇気つけてあげましょう
  -批判してはいけません-

4.チームリーダーを尊重してあげましょう
  -彼らの判断に圧力をかけないようにしましょう-

5.レフリーはインストラクターとみなしましょう
  -レフリーの判定を批判してはいけません-

6.子供が参加することを刺激し、勇気づけてあげましょう
  -プレッシャーにならないように-

7.試合がエキサイティングだったか、楽しかったか、聞いてあげましょう
  -結果だけ聞くことのないように-

8.バスケットにふさわしい、節度ある用具を準備してあげてください
  -大げさになってはいけません-

9.クラブの仕事を尊重して下さい
  -積極的に親のミーティングを持ち、どのような態度で臨むべきかを話あいましょう-

10.忘れないでください。バスケットをするのは、あなたの子供です
   -あなたではありません-

謝辞
以上の文章は、ニフティサーブ内のサッカーフォーラムでの発言を基に再構成したものです。
【引用】BASKETBALL RESOURCES/親のための10の心得